最新メンズオーダー服撮ってだし

自分に似合うかっこいいスーツの選び方


カッコいいスーツとは?


『一目見てわかる仕立ての良さ、生地の良さ、各自の体形に合ったベストサイジングとデザイン』と、サルトリパーロは考えています。


【日本国内で仕立てるマシーン&ハンドメイド】


オーダースーツと一口に言っても、その仕立て方は大きく分けると3つに分かれます。

①フルオーダースーツ

一人の職人が、採寸、パターン、縫製まで手掛ける仮縫い付きのスーツ。 従来はこの手法がメインでしたが、最近は、国内の縫製工場の技術も向上し、フルオーダーを仕立てていた職人も納得するような仕立てがマシンメイドでも可能になりました。その仕立て方はパターンオーダーとイージーオーダーに分かれます。

②パターンオーダー

量販店やDCブランドによくみられる、 各サイズのパターンから、当人のサイズに合うサイズを選び、 サイズの微調節のみをする方法です。 デザイン重視とパターン作成のコスト削減のため修正できる箇所が限られてくるため、 基本パターンからサイズのバランスが大きく外れている方には、ジャストフィットの仕上がりとはいきません。

③イージーオーダー

長期のキャリアを持ち、パタンナーとしてもキャリアのある職人が在住している工場 のみが対応可能な方法です。大量のパターンの中から、個人の体形に合うパターンを見つけ、さらにそこから 肩幅・バスト・ヒップ・二の腕・太もも・膝などなど、細かいディテールを修正すると同時に、体のくせ(上がり肩・下がり肩・反身・猫背・O脚などなど)をとっていきます。フルオーダースーツが仮縫い時に行う作業に似ています。
当店ではこのイージーオーダーを採用しています。 フルオーダーでスーツを作成する過程と同様の方法をとるためガーメントといわれる、お客様のサイズに近いサンプルスーツを着用していただき、調整していきます。それによって、仮縫い料金をおさえることを可能にすると共に、お客様の繊細な要望に敏速にお応えするため、ハンドメイドの工程を重視している国内のキャリアのある縫製工場とのみタイナップしております。マシーンメイドのみに頼らずハンドメイドを加えることで、よりお客様にフィットする似合うスーツが完成します。


【厳選したハイクラス生地】


サルトリパーロでは、イギリス、イタリーのブランド生地から国産の上質生地まで、オーダースーツ用の厳選生地を常幅広くご用意しております。 一流の職人たちが100年以上かけて継承してきた生地織の伝統の歴史。極上の糸を吟味し、着心地と見た目の両面から織物へと導いていく工程。

長い時から生まれだした最高級の生地にはその職人たちの努力と思いが込められているから、着ている者を満足させるのであろうとヨーロッパから毎年やってくる新作生地を見て感じています。


当店オススメの生地ベスト3

①アリストン


1920年、イタリアのナポリで設立されたアリストンは、イタリアで絶大な人気を誇る“ゼニア”と並んで有名な生地ブランド。ナポリの小粋で洗練されたイメージをそのまま生地にしたようなアリストンの生地はオシャレなスーツ・ジャケットをお探しの方が納得する風合い。

②エルメネジルド・ゼニア

ゼニア

人気のブランド生地の中でも、ひときわそのブランド力を世界のセレブリティに放っているゼニア
オシャレで有名なイタリアの若者の大半の夢は、「大人になったらゼニアのスーツを身にまとうこと」
エグゼクティブスーツの筆頭ともいえるゼニアのスーツは一度身に着けるとわかる高品質の着心地が特徴。


③ダッシングツイード

ダッシングツイード

ロンドンから世界へ現代的なツイードの方向性を提案する
「ダッシング・ツイード」従来のツイードの概念を打ち壊し、感度の高い人々に向けてデザインされる「カッティングエッジ」なツイードの数々は今、世界的に注目を集めています。スポーティーなカジュアルシーンからビジネス・フォーマルシーンまで幅広く着用できるトラディショナルでコンサバティヴな生地が特徴。

他、スーパーブランドアルマーニをはじめ、イギリスの名門生地商ハリソンズ・エジンバラ、フランスのランバンなど最高峰のウールを使用した生地を幅広くラインナップ。軽く美しく仕立て映えの良い生地を、ご予算に合わせてご案内します。



【自分に合ったサイズとデザイン】

自分に似合うスーツを選ぶ事で、見た目の印象はグーンとアップします。

■自分に似合うカラーの選び方

自分をスタイリッシュに魅せるスーツをお作りするために、当店では、お客様に似合う色(パーソナルカラー)を診断させていただいております。春・夏・秋・冬と4つに分かれるこの色をVゾーン(ネクタイ・シャツ)に使用することで、見た目の印象はがらりと変わります。そこから、スーツのカラーや柄を選んでいきます。



【自分の体形に合ったデザインを選ぶ】

パーソナルカラーと同じく、好きなデザインと似合うデザインは違います。自分の体形に合わせて、デザインや生地を選びましょう。

■身長の高い人に似合うスーツ

生地
避けた方が良いのは細い縦縞ストライプ。縦縞効果でますます長身が強調され、引き締まって見えません。オススメは濃紺やチャコールグレイなどのダークカラーの無地や太目のストライプ。

デザイン
痩せている方は、体格をガッチリ見せる為、胸元にボリュームを持たせる3ピースを選ぶのがオススメ。やや短めの着丈でラペル幅は細めの方が似合います。筋肉質の方はゴージラインを高めにして、広めのラペル幅を選ぶのがポイント。

■背の低い人に似合うスーツ

生地
縦に膨張して見える細めの縦縞ストライプがオススメ。無地の場合は、グレーなどの薄めの色やチャコールグレーなどが落ち着いてスタイリッシュに見えます。

デザイン
ジャケットのデザインは、相手の目線をなるべく上に持っていったほうが背の低さをカバーできるため、ボタン位置の高い2つボタンが☆です。着丈はヒップが少し見えるくらいのやや短めの丈がオススメ。

■ふくよかな人に似合うスーツ

生地
ライトな膨張色を避け、締まって見えるダークカラーをチョイスしましょう。

デザイン
柔らかい肩のラインをみせるため、肩パットは無しか薄めのスクエアショルダーがオススメ。ダブルジャケットも似合いますが、一昔前のゆったりサイズではなく、ウェストを絞り、ラペル幅も広すぎない、着丈短めのシャープなシルエットがオススメ。パンツはノータックの方がすっきり見えます。タック入りにする場合は、ベルトレスでサスペンダーをするとトラディショナルでスッキリ見えます。

■やせた人に似合うスーツ

生地
無地は、ミディアムグレーなどのやや薄めの色。ストライプは細めが似合います。

デザイン
大きくみせたいからと、肩幅やバストなどの大き目のサイズを選びのはNG.。自分に合ったジャストフィットなシルエットで仕立てた方が、スッキリみえます。肩先の袖山を高く盛り上げたビルドアップショルダーは、肩やバストラインがガッチリみえて男らしい雰囲気になります。パンツは膝から下がスリムなデザインが☆。ヒップラインが華奢なのが気になる方は、動きやすくクラシカルで上品な雰囲気になるタック入りも☆です。




自分に似合うスーツで、今日も頑張れ、ジャパニーズビジネス侍!




コメントする

名前

URL

コメント

ショップアイコン小

出張サービス新アイコン

メンズ新作案内

レディース新作ご案内

ファッションプレスバナー

インスタ


着用シーン

卒入園サイドバナー

レザーアイコン

ツィードジャケットアイコン

ギフトアイコン

カープアイコン

カープウェアゲスト

サルトリパーロ店主のブログ

英語のショップ案内バナー

サルトリパーロ メルマガ登録の案内

サルトリパーロフェイスブックカープ公認ロッサタイムフェイスブック

ラインアイコン

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

サルトリパーロ
新住所 広島市中区小町3-3-1階
営業時間 am11:00-pm7:00
電話番号 082-249-1162
定休日 水曜

店長からの撮って出し情報

こんにちは!サルトリパーロ 店主です。


店長日記はこちら >>

ページトップへ